2011年10月20日

こどものさくぶん(ロングバージョン)

仕事を辞めるのをやめることにした。


がんばりまくることはない。

だけど、やるべきことはやるべき。


金もらうのだから。
さぼる人に金もらう資格はないのだ



オフィスで思考停止してのほほんと緩やかな死に向かっている人々にはできないことやってるんだぜ


●●●●●●の店長やってます、つって、他人がなかなかやろうと思わなさそうなことやれてるんだぜ


楽しめなくてもいい。そりゃ、つらい
やりがいがなくてもいい。そりゃ、つらい


でも、できないことをやりつづけると、ちょっとだけできるようになるものなんだ。

ピアノだってギターだってマラソンだって動画だって発注だって、完璧には決してなれないけど、ちょっとだけできるようになった


だから、店長だってちょっとだけできるようになるのではないだろうか


ちょっとでいいのだ。
ちょっとだけできるようになったら、その時こそ辞めるときだ




これから、俺が辞めるって言ったら叱ってくれないか。
誰でもいい、俺を叱ってくれ。

一度言った約束を破る非人間的な行為は、今日で終わりにしたいんだ。


大人になんかなれなくていいのだ。
いくつになってもいつまでたっても子供のままなのはもうわかってるのだ。
そこを変えることはできないのだ。あきらめたのだ。


でも、ちょっとでいい。ちょっとだけ人間になりたい。

いつまでもクズのままではいられない。

人間になりたい。
せめて、人間になりたい。
posted by エス佐藤 at 06:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする