2014年11月27日

なんかすごくブログっぽい写真を頂いたので、アップすることにした

某所にて緊急ミーティング(笑)が開催された。(参加者:3名)

この童貞君は、なかなか良い顔で笑うと思う。

とりむ2.jpg
posted by エス佐藤 at 10:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

気質と書いてカタギと読む

俺は商売人気質ではないんだなぁ、としみじみ思う。

金儲けしたいとか店を繁盛させたいとか、そういう発想が全くないし、
そういう思想を押し付けられると嫌悪感すら覚える。

古いタイプの人間である俺はたぶん、職人気質ってやつなんだろうな。
自分を磨き上げて、自分の持つ知識や技術を高め、
それをもとに作られるモノやサービスをもって他人に貢献したい、という気持ちが
根っこにある。そこに金儲けの気持ちが挟まらないところがポイント。

昔で言う士農工商っていうカテゴリ分けをするならば、
俺は工に分類されると居心地がよい。
だからもともと工学部に入ったのか。これでつじつまがあったね。

とは言え、IT技術者はもうやめたので、
コンピュータを使って他人に貢献することを本業にはしない。
いや、かわいいおねーさんがパソコンの使い方わかんなくて困ってたら
一生懸命説明することに躊躇はしないけど。

機械相手をやめるって宣言した以上、やっぱり磨かなければならないのは
対人間スキルってやつなんだわな。

その種類や呼び方は色々たくさんあって、
例えばコーチングスキルでもプレゼンテーションスキルでも
人心掌握術でも単にコミュニケーション能力でも、なんでもいいんだけど、
ひっくるめてまとめると
「人間に情報を伝え、人間を動かす」能力あるいは技術ってことだ。

それが能力あるいは技術であるならば、
そーいうことに関して才能のない俺にだって磨けると思うのだ。
才能のある人には勝てないけど、持って生まれた職人気質で
向上していけると思うんだけどなぁ。

それを30代後半にやりたいなぁ。やらねばならぬなぁ。


で、そーいうスキルは学校で学べる類のことではないんだなぁ、と
最近感じるのである。

結局、オーガナイズがグダグダでもなんとなく回っている風になって、
全然結果が出なくても時間制限が来たら終了ですハイOK、っていう
いわゆる学生ノリの輪にはついていけないですよ。
壊せない壁があることを感じている。

けど、ここは社会ではないから。
社会のことは社会でしか学べないし、身に付けられない。

社会に出たらこれでは通用しませんよ、ってセリフをのたまう学校の先生は
確実に居るけど、そんなのは当たり前なんだ。

ここは社会ではないんだから。
学校では、社会のことは学べない。そんなのは当たり前のことだ。

学校では、学校で学べる範囲のことしか学べないんだよ。
俺は気づいたよ。
あなたも、気づこうよ。
posted by エス佐藤 at 13:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする