2017年10月01日

お湯がザワザワ

2017年、多分最初で最後のマラソン大会参加をしたので、備忘録程度に文章を残しておこう。

日付:2017年9月24日(日)
出た大会:2017 第16回越後湯沢秋桜ハーフマラソン
部門:ハーフ男子35〜39歳

--------------

おにぎりを2個握って、深夜2時前に家を出た。

お金もないので(笑)、下道で国道8号→17号をのんびり爆走。

途中すっげー眠くなって、15分走ったらコンビニに寄って10分寝る、を
リピートしてた時間帯があった気がする。

それでも6時過ぎには湯沢中央公園に着いた。
全然遠くなかった。

コンビニまで歩いて、●●●をして水を買って、
その後車でおにぎりを食って、スタートまでトロトロしながら待機した。

--------------

目が覚めたら、すっごいいい天気だ。
アタマに来るなぁ。

受付して、もう1回●●●をして着替えた。
ゼッケンスポンサーが上善如水なんだが、レース中に給酒所とかあるんだろっか。
タダならいくらでも飲んでやっぞ。

スタート直前にウィダーを経口注入して、9:33スタート。



すっげー大渋滞。



前方からスタートするグループ(ウェーブ1)と、
3分後に後方からスタートするグループ(ウェーブ2)があって
俺は後方(ウェーブ2)になってたんだけど、失敗したなぁ。

多分申し込み時の予想タイムの自己申告によって分けられてるんだろうけど、
ヘンに謙遜して遅いタイムを書いたのかなぁ。

過度の謙遜は良くない結果を生むんだね。

スタート地点を踏むまでも2分弱かかって、
それからも5分以上まともに走れなかった。

走れるようになっても周りの人と設定ペースが全然違うので、
ゆうに20分くらいは混雑の中でごぼう抜き状態だった。

むーん。

--------------

事前に把握していたコースの構造は

・スタート〜7kmまでじっくり上り
・7〜12kmまで下り
・12〜20kmまで細かく上り下り
・20km〜フィニッシュまで上り

ということだったので、7kmまではウォームアップ気分でいいかな、と思っていた。

上りは苦手なので、ペースが極端に落ちないことだけ意識して、
無理せず、突っ込み過ぎないように進んだ。

それでも、まだ周りの人よりペースが速い。
ちょうど同じくらいのペースの人のケツについていくのがいいんだけど。

--------------

7km地点ちょい前くらいから、予想通り下り中心のコースとなった。

下りは得意だ。
前半の仕掛けどころ。稼ぎどころだ。

下りに身を任せてスピードを出す。
さらなるごぼう抜き状態になったが、気にしない。

時計なんか見ないようにした。

でも、調子に乗ってここで足を使い過ぎては、後半持たない。
むしろ、足を使わずに、腕を振って体を前に運んでもらうイメージで。

上半身の力を抜いて、腕を振って。

ひたすら「力を抜け!」「腕を振れ!」と自分の中で唱えていた。

--------------

12km地点付近で、予定通り下りパートは終了。

久々に時計を見た。
1時間3分。

あれ、通算すると1km6分ペースにも達していない?
(とその時は思ったが、これは計算間違い)

スタートでよっぽど渋滞したんだなー
これは到底、いいタイムは期待できないなー

じゃあ、まぁいつも通りに残り9km走ろうかー

…ってこの時は思った。
実際はそんなに悪いペースじゃなかったんだな。


この辺でちょっとトイレに行きたい気がしたけど、
大人ならあと40分くらいガマンできるよね。

--------------

ここからはしばらく平坦な道のはずなので、
焦らず気張らず進んで行こう、と思った。

この辺で、腰につけたウェストポーチがどーにもジャマになった。
水のボトルと非常食のチョコを入れておいたんだけど。

ぶっちゃけ、ハーフならどっちも要らなかったなぁ。
フルじゃないんだから。失敗したなぁ。

腰からウェストポーチを外したんだが、行き場所がなくて、
ヒモが超短い肩かけポーチみたいになった。

腰は軽くなったけど、やっぱり超ジャマ。
でも捨てるわけにもいかないしなー。

--------------

この辺でも時計見てなかったので、ペースがよくわからなくなった。

14〜15kmで計測。
1kmで5分ちょうどくらい。いいペースいいペース。

…だったんだけど、この辺のコースは明らかに下っていた。

で、道の反対側を見ると折り返した人たちが走っている。

ってことは、ラスト3kmがずーーっと上りになるわけかー。
予定と違うなー。困ったなー。

ってなことを考えながら進んだ。

--------------

越後湯沢駅前を通る。時刻は昼11時くらい。

焼き肉屋?のめちゃくちゃいい匂いがした。

腹減ったよちくしょう。
朝からおにぎりとウィダーしか食してないよ。


16km過ぎ辺りで最後の折り返し。

相変わらずいい天気だよちくしょう。

まだボトルの水が残ってたけど、
(水分吸収には最低30分かかるっていう説を採用すると)
16km以降はもう水を飲む必要がない。

だから、残った水は17kmで全部背中に浴びた。
沿道の人が「気持ちよさそー」と言ってた。

ボトルを捨てて、ウェストポーチは外して手に持って、
でも給水所でもらったスポンジは手に持ったままで、

まぁ、荷物の多いマラソンだこと。

また越後湯沢駅前を通る。
「いい匂いだなぁ腹減ったなぁ〜」って口に出して言ってやった。

--------------

18km以降は、予想通りずーーっとじんわりとした上りだった。

スパートを仕掛けづらいけれど、
それでも、1秒でも早くゴールに辿り着くように、腕を振った。


力を抜け!
腕を振れ!
足で走るな!
腕に、前に連れて行ってもらえ!


ずっと、ずーーっとそればかり心の中で唱えていた。

上りなので、スピードはMAXまで上がらない。
その分足は残った感じだった。
いや、ずっと足を残そう腕を振ろう、つって走ってたから、
むしろ残し過ぎた感じだったのかな?


ゴール。

yuzawa2017goal.jpg


記録証縮小.jpg


公式タイムで1時間50分切れたのは史上2度目だった。
いいペースいいペース。

スタートの渋滞&アップダウンが激しかった今回のコースにしては
タイムが出た方じゃなかろーか。

でも、もーちょっと突っ込めたかなぁ。
わりと、ケロッとゴールしてしまった。

6月からジムに通ったり、DDRを週2ペースでやってた効果は出たのかなぁ。

精神っつーのは良い方向にも悪い方向にも揺れ動きがちだけど、肉体はトレーニングを積めばある程度は動くようになるし、トレーニングしなければ動かなくなるし、精神に比べたらずっと正直で、コントロールしやすいものなんじゃないだろーか。加齢による衰えはあれど。

まぁ今回に限って言えば、1週間ガッツリ休んで心身ともにスーパーフレッシュだったので身体がよく動いた、ってだけかもね。トレーニング云々よりも。

ともあれ、4年連続でハーフ自己2位のタイムを更新できてよかった。
めでたしめでたし。


yuzawa2017goal3.jpg



で、12〜13km辺りでトイレに行きたくなったはずなのに、
レース終盤からそのことを忘れちゃってて、思い出すのにゴール後1時間くらいかかった(笑)
そんなもんなんだなぁ。

--------------

なぜか、帰りに苗場の日帰り温泉に寄った。
入浴タダ券もらったので。
湯沢から苗場って20kmくらいあるのね。
スキー場関係はほんと疎いなー

苗場・日帰り温泉「雪ささの湯
茶色がかった白の濁り湯。

いかにも温泉、って感じで最高だった。

自販機のカフェオレがまた格別でした。
気持ちの良い1日であった。

おしまい。
posted by エス佐藤 at 06:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする