2018年02月01日

ボンクラが得をする為の行動方針について

俺は仕事がトロくてさらにミスが多いボンクラのくせに、

俺以上にトロかったりミスが多い奴を見ると
「俺ですらできることをなんでできないの?バカなの?死ねば?」
つってイライラする、という良くない性格だ。

だが、そこでイライラしていることをそのまま行動に移して壁を蹴ったりするのは、何も得をしないということがわかった。

周りからすれば、俺がイライラしているか、何を思っているかなんて分からないわけだ。
見えないから。
周りは、俺の言動や仕草など見えるものから、俺がどう思っているかを推測しているに過ぎない。

要するに、俺がイライラしていてもそれを行動で示さなければ、周りには伝わらない。
もっと言えば、人がイライラしている時に取るであろうとされている発言や行動や態度を俺が選ばなければ、周りは俺がイライラしてるとは思わない。

イライラしてしまうのは性格なので、いまさら直すのは難しいだろうなぁ。
でも、イライラした時にする行動の選択を変えることはできるだろう。たぶん俺でも。

さて。
改めて、俺は俺よりトロかったりミスが多い人間に対してイライラする。
その時に、どういう行動を選択すると自分にとって得だろうか?

【行動方針(案)】

・そういう奴を手助けしたり、ミスの尻拭いをしたりすることで、そいつに恩を売る。

・俺なりに、トロさをカバーする術を教えてあげられるかもしれない。テキパキしてる人が想像すらできないようなトロさでも、俺がトロい分、トロい原因がむしろ俺には見えるかもしれない。そしたら、俺でも改善策を出すことができるかもね。

・俺よりトロいってことは相当なトロさなので、俺以外にもイライラしてる人がいるかもしれない。その時、俺がトロい奴の面倒を見れば、「あいつは佐藤さんに押しつければいいんだ」って周りが認めてくれるかもしれない。

うん。
こーいう方針で行動すれば、少なくとも窓ガラスを蹴って割ったりするよりは得をしそうだね。
このラインでいこう。
posted by エス佐藤 at 05:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする