2012年07月04日

エス佐藤はこれから、何をやろうとしているのか

2012年も7月になったところで、ワタクシの今後の目標、
やりたいことを発表しようとするところであります。

しばしお付き合いくださいませ。



【概要】

●32歳にして正社員を辞めて、大学に通おうとしています。

●33〜36歳まで4年間大学に通って、管理栄養士の資格を取ろうとしています。

●37歳以降の人生については、未定です。




【以下、ぐだぐだと】

もう一度、大学に通おうとしています。
「栄養」に関する「学」を、一度学んでみたいと思っております。

------

なぜそう思ったか。

飲食業の仕事を1年半やって、作業面(特に調理スキル)では
世の中に太刀打ちできないなーと思ったわけで。

とは言え、一度「IT辞めます」って周りに言いふらした手前、IT業界に戻るのはつまらないわけで。
戻ろうと思えばまだ戻れるんだろうけどさ。
なんか守りに入るみたいでイヤなわけで。


じゃあ俺は何ができるか、何をしたいか。

やっぱり何らかの形で「食」に関わることを仕事にしたいな、って願望は変わらない。
食は命の根源だから。
あなたはあなたが食べた物でできているんだから。

でも、作業がヘタだ。
でも、勉強はできるよ。

それなら、作業だけじゃなく知識・頭脳を持って「食」に関わる仕事がしたいな、
できるようになりたいな、と思った。

それならまず、栄養士資格を取ってみようかと。

で、調べたら、「栄養士」よりも上位とされる「管理栄養士」資格ってのがあると。
実務上で上位なのかは知らない。たぶん上位じゃない。

で、「栄養士」は2年間、「管理栄養士」は4年間学校に通う必要がある、と。

で、専門学校に2年通うのと、国公立大学に4年通うのにかかる費用は大して変わらないと。
(これには反論があるかも。俺の調査が足りない所)


なら、4年間大学通って「管理栄養士」を取ろう。


そう考えるに至った次第。

------

とは言えお金が足りないので、
4年間でおよそ500万円を借金(=奨学金)でまかなわければならなくなりそう。

30代で借金500万円、って多い方かなぁ。
就いてる仕事によるか。

------

で、首尾よく大学に入れたら、その後はどうしようか?
4年できっちり卒業するのは必須として。


■大学に残って、アカデミックな方向に進むか?栄養「学」を極めるか?

→それだと新潟に居続けるわけにいかないだろうな。
 海外にも行かなきゃだろうし。


■栄養士として、新潟のジジババにメシを作る係を担うか?

→高齢化社会待ったなしの昨今、これが一番現実的では。
 ジジババが生き永らえるならメシを作る係が要る。必ず要る。
 俺が作るよ。
 料理ヘタだけど、献立は俺が考えるよ。


■はたまた、どっかの食品を扱う企業に入れてもらうか?

→でも37歳で「新卒っス」つって相手にしてもらえんのかなぁ。
 してもらえないよね。


37歳で医者になるならともかく(あ、こないだやってたドラマだ)、
たかだか「管理栄養士資格あります!」つって、相手にしてもらえるんだろうか。

知らん。

でも、それなら、栄養に関する知識は医者に負けないレベルにならないとだよね。
「栄養のことなら俺に聞け!」ってレベルに達しないとね。

ただ単に大学を出るだけじゃダメなんだろう。
そこには自覚的でありたいよね。

------

これから身につけなければならない能力は多岐にのぼる。

まず、これからの4年間で急務なのは。

●調理スキル
●対人間スキル(雑談力!)
●英語スキル

ってとこかなぁ。みんな、人並み以下だからね。

何にせよ対人間スキルの向上は急務だ。
人並みには喋れないとね。

まぁ、楽しみながら。
人と話すことは苦痛ばかりではないよ。
楽しみながらスキルを上げて行ければ。

------

これから4年間、まともに働かないって時点で、
大学に行くことは「趣味」って扱いになるんだろうな。

空いた時間で資格の勉強をします。趣味です。

------

っていうかまず、大学に受からないと!(^^;

2012年下半期は、センター試験の得点力をつけるための戦いを演じるよ。
人生の最優先事項だ。

第二新卒ならぬ、第二入試。

高3までタイムマシンで戻る感覚。
32歳の頭脳を持ったまま、18歳まで戻ることになる。
14浪か。


ちゃんと頑張れば、戦えば、なんとか大学には入れるんじゃないかと思うよ。
なんとか越えられるくらいのハードル。低くしておくものよ。



でも、思い通りなんて行かないものだわ。





おわり。
posted by エス佐藤 at 14:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

さいごの週に

あと1週間で、現職を辞します。

その後の展開については、もうちょっとしてから。


まぁ、辞めるから言うんだけどさ、
三十台男子の労働環境としては、それほど過酷ってわけじゃなかったのでは?って話。

月の休みが平均4〜5日で、1日の平均労働時間が13時間くらい。
ね。そんなに過酷じゃないよね。

ただ、1日に1食も食えない日が時々あるっていうのはちょい重めかなぁ。
あと(仕事が遅い人は)週1で徹夜確定ってとこもね。


労働量はそれほどでもなかったわけだが、給料は安めだったんじゃない?
時給換算で800円くらい。いまひとつだよねぇ。


まぁ、日々文句ばっかブーブー言ってたのは反省している。
どんなに文句言ったって、自分が望んだ結果として今があるんだもんね。

勤勉であり続けることだ。
老若男女すべからく勤勉であることが当然とされる、この国で生きるのならね。



「今は夢の中に居る」ってことを以前ツイートしたけど、その思いは今も変わらない。
夢の中で、俺のポンコツぷりを堪能させてもらった。
俺はクズレベルの社会人だったんだねぇ…



あと1週間か。
1つの夢が終わっていく。
次の夢に向けて、また走り出さないとね。

まずは履歴書に貼る写真を撮るところから。



では、もうすぐ社員じゃなくなります。
ララララブ社員イェイェイェーイYEAH!!
posted by エス佐藤 at 22:02| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

夏の予告

【予告】
7/19(木)〜7/23(月)の5日間、東京に滞在しようかと思ってます。

たぶん今年最後の上京になるので、可能な限り多くのひとに逢いたいな。

今後、各方面に個別に都合を伺って行くので、そのつもりでいなさい。

そんで、家に泊めてくれるひとを大募集しまーす。

目指すは4泊ひとんちだ!
都会に泊まろう!!
漫喫には泊まらねーぞ!!!(爆)

迷惑な話だよなぁ。お土産はもちろん用意するよ。

夏の夜を共に語り明かしませんか〜
詳しくは個別に。
posted by エス佐藤 at 03:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

趣味

俺の過去を振り返ると「4年周期で趣味が切り替わる」ってパターンがあることを、
時々書いてたね。

改めて、ざっくり振り返る。


96〜99…「コンパイル」
(ぷよor魔導って言うより『コンパイルが趣味』って言った方がしっくり来る)

00〜03…「音ネタ作り」(くちミュー含)

04〜07…「映像作り」


ここまでは綺麗に4年周期だ。(微妙にムリヤリ区切ったとこもあるけど…)


で、本当は、


08〜11…「楽器」


にしたかった。

でも結果的に、


08〜10…「楽器」
11〜12…「労働」


になっちゃったよ。

これは本意ではない。
労働が趣味の人間なんか嫌だい。


まぁ過ぎたことはしょうがないので、次の4年で4年周期のペースを
取り戻そうか。

……そうか、次の4年にやることは「趣味」なのか。

そうだったのか。
知らなかった。
posted by エス佐藤 at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

俺が死ねばいいと思うよ

人に仕事を教えるやり方は、誰も教えてくれない。やり方のわからないことをずーーーっとやらされてて、どうやったらできるようになるかが解らなくて、もがくことすらできなくて。


ただただ、できないことを毎日毎日毎日毎日やらされて、できなくて、オロオロして、周りに呆れられて。


でも、できません、わかりませんって言うことは許さなくて。立場上、できなければならなくて、でもできなくて。


要するに、俺が死ねばいいんでしょ?俺だってバカじゃないから解るよ。死ねばいいんでしょ?そうなんでしょ?はっきり言ったらどう?


殺せよ。目の前に包丁置いてあるだろ。簡単だろ。早く殺せよ。
posted by エス佐藤 at 00:26| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

開戦宣言

スタートラインに立つ権利を得るための戦いが、スタートする。


いつだって、敵は自分自身だ。


いつだって、戦いは孤独だ。



戦おうじゃないか。


掴み取ろうじゃないか。


未来を。
posted by エス佐藤 at 20:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

2012、年始に思うこと

さて。


2011年が間もなく終わるので、今年のことをざっくばらんに振り返ろうかと思うのである。

というか、今日から4日間で2.8日休みがもらえたので、
これをもって今年の正月休みとする。

つまり、2011年はもう終わり。あけましておめでとうございます。



---- なんにせよ、今年はネットに発言を書く機会が少なかったね。 ----

---- で、口を開けば文句ばっかり。 ----

---- これはいくらなんでもなぁ。文句を聞きたいひとなんかいないよね。 ----

---- 来年はちょっと改めます。----


-------------------------

●労働について●

今年は、労働をたくさんしたと思う。

毎日文句ばっかり言ってた。辞めるとか、辞めるとか、辞めるとか。

でも、ちょっと思うところあって、辞めるのは一旦やめた。


今年は、自分がいかに「できない人間」なのかということを思い知らされた。

もうちょっと、できる側の人間だと思ってたんだけどな。

IT企業時代、全然できないバカな『協力会社』の人間を鼻で笑ってたんだけどな。


俺は、できない側の人間だったんだねぇ。


で、毎日毎日できないことをやるのは大変だなぁと思った。

で、できないのに就職しちゃって迷惑かけて、
生きてて恥ずかしいなーともよく思った。


とは言え、できるようになるために自分と戦ったか?他人と戦ったか?と
問われれば、決してそんなことはない。

むしろ、戦うことを避けていた。

自分と戦ってないから、遅刻するし、酔いつぶれて仕事飛ばすし。
他人と戦ってないから、お客様に対して失礼な部下を見て見ぬフリ。

ただただ毎日、漠然と疲れてるだけで、結局は逃避してたわけだ。
大事なことからずーーーっと逃げ続けてたわけだ。

戦いは、まだ始まってもいないのだ。


来年はもっと、今年よりずっとイヤな思いをたくさんしないと、

他の人がふつーにできるレベルにも達しないのである。

それを、よく覚えておかないと。
すぐ忘れて逃げようとするから。逃げちゃダメだよ。


今年1年の経験のおかげで、今の自分の能力について
だいたいの分析はできた。

1・「いつでもできること」
2・「やればできること」
3・「できないけど、できるようになりたいこと」
4・「一生かかってもできないこと」

以上4つに能力を分けることができた。
具体例を挙げよう。

1・「いつでもできること」

→型どおりの接客。

  完全に型どおり。
  でも、マニュアル臭はしないよ。滑舌は悪いけど。
  で、ちょっと型に外れることを言われると、一瞬でパニックになるよ。
  でも、型どおりにはできるよ。


2・「やればできること」

→暗記。

  仕事で必要なことを覚えることはできるよ。
  結構覚えるの早いよ。やればできるよ。
  でも、とっさに聞かれると必ず思い出せないか、必ず嘘を言うね。
  人に伝えるのはド下手なんだね。


3・「できないけど、できるようになりたいこと」

→人を注意する。

  お客様に対して失礼なバカは、注意しなければならぬ。
  来年の課題はこれだ。猛然と注意する。
  注意するのヘタクソだし大嫌いだけど、これだけはやらねばならぬ。
  戦わねばならぬ。


4・「一生かかってもできないこと」

→テキパキと手際よく作業をすること

  できません。
  何やってもモソモソしてるのは、直らないんです。
  この部分を直そうともがくのは、やめよう。
  モソモソしてることをアピールして、周りに助けてもらおう。


ということで、労働に関しては、
今年よりもうちょっとマシになりたいと思うのである。

まぁまた半年もすれば、酔いつぶれて遅刻くらいするんだろーけど。

でも、他人と戦うことはやりたいと思うのである。


-------------------------

●生活について●

今年の生活で、一番去年までと違うのは「車がある」ってことだ。

行動を車ありきで考えるようになったね。

今まで行けなかった場所に行けるようになった。
これはすごいね。

逆か?
新潟or長岡が、車がないとどこにも行けないようにできている?

じゃあ、俺は今までどこにも行かなかったことになるね。
もったいないねぇ。

新潟はわりと広い。「新潟市」で考えても、「県」で考えても。
地名聞いても行けない場所が、まだまだたくさんある。

今年の夏にふらっと水原行ったのが、割とおっきな思い出だな。
とびうおん家の隣の清水フードでカレーパンを買ったりした。

来年も、ふらっとどっか行こうかな。



仕事の関係上、ライブはあまり行けなかったかな。

県外では仙台と横浜には行けたか。
北海道に今年1回も行っていないのは残念無念だね〜

あと、サッカーは1試合も観てないし、マラソンは1つも大会出てない。
芝居だってぜんぜん。

俺が楽しいと思うことと、仕事が全くもって合っていないので、
そうとう困っている。「仕方ない」で済ませられないレベルだ。
ちょっと考え物だね。


で、今年は車で音楽をたくさん聴いた。
今年いちばん充実していたのは車の中だったね。

聴くものがたくさんあって、嬉しい。
今年『発見』できたバンドも色々あった。
やっぱり、音楽は一生の友達だね。
次から次へと、聴きたいバンドが出てくる。飽きることなんかないね。

(ま、買ってみてハズレだったやつもいくつかあるけど)

車の中にワンサカとCDがあるよ。(注:カーステレオにはCDしか入らない)
相変わらず「女性ボーカルのバンド」が中心だねぇ。

車の中にあるやつ:

ねごと/school food punishment/フーバーオーバー/ふくろうず/
ピロカルピン/やくしまるえつこ/坂本真綾/
東京事変/チャットモンチー/YUKI/ユニコーン

男性ボーカル、ユニコーンだけだね。


-------------------------

●これからについて●

うーん、日々文章書いてないと、文章書くのが遅くなるんだな。
4時間くらいかかってるけど筆が進まない。

それはさておき。

来年と、これからについて、今思うことをまとめておく。

・仕事に関しては、戦うこと。
 できないことはどんどんあきらめること。
 できることを増やすこと。そして戦うこと。
 そーいう一年にしたい。

・娯楽については、あと一年ガマン。

・で、今朝もう一個思いついたことがあるんだけど、これは書かないでおく。
 世の中には「夢を語れ」って人と、「夢を安易に語るな」って人がいるけど、
 俺はどちらかというと後者派。
 
 せっかくIT企業辞めたんだし、もっと「食」に傾倒して行くのも
 いーんじゃないかと思ったのだ。
 
 それは、今の会社に一生いることとは全く違う。
 今の会社じゃできないことだ。
 
 若さを浪費しないようにしたいものだ。
 人生にはムダや遊びが必要だけど、
 「必要なムダ」以外のムダは省かなければ。
 
 時間がないのだ。若さなんてあっという間になくなるのだ。
 無謀なこと、今だからやらないと。
 今しかできないよ。
 
 でもそのために、まずはお金が必要だ。
 だから来年はお金を貯める。
 
 80万が目標額だ。



まとまったかな。

何にせよ、手足の指先が凍えるくらい冷たいんだよね。
末端冷え性ってやつかしら。イヤーねぇあんた。

あ、また文句言っちゃった。来年は改めます。


2012年が、あなたにとって、そして俺にとっても
より良い年になりますように。

あけましておめでとうございます。
posted by エス佐藤 at 14:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

長岡で眠る最後のよるに(twitterより転載)

長岡でお世話になった人たちにメールを送ろう。………あれ、相手は全部主婦の方だ………


思うに、人と人のつながりってものを考えた時、人が生きてるか死んでるかよりも、人が人を「覚えているか」「忘れたか」の方が大切なことなんだよな


Do you remember me?(私のこと覚えてる?) I remember you、君を忘れない…ほら、いくつもの曲が思い出される。歌いあげたくなってしまうような大切なきもち


とは言え、真理は、「忘れないよ」って言ってた人もいつか忘れるから、その頃にはすぐに君に逢いに行ける、ってことなんだろうなぁ…


それでは、いざ出立。bye for now長岡



追伸:かーちゃんが寝ながら屁こいて、寝言で「失礼!」と言った
posted by エス佐藤 at 01:23| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

こどものさくぶん(ロングバージョン)

仕事を辞めるのをやめることにした。


がんばりまくることはない。

だけど、やるべきことはやるべき。


金もらうのだから。
さぼる人に金もらう資格はないのだ



オフィスで思考停止してのほほんと緩やかな死に向かっている人々にはできないことやってるんだぜ


●●●●●●の店長やってます、つって、他人がなかなかやろうと思わなさそうなことやれてるんだぜ


楽しめなくてもいい。そりゃ、つらい
やりがいがなくてもいい。そりゃ、つらい


でも、できないことをやりつづけると、ちょっとだけできるようになるものなんだ。

ピアノだってギターだってマラソンだって動画だって発注だって、完璧には決してなれないけど、ちょっとだけできるようになった


だから、店長だってちょっとだけできるようになるのではないだろうか


ちょっとでいいのだ。
ちょっとだけできるようになったら、その時こそ辞めるときだ




これから、俺が辞めるって言ったら叱ってくれないか。
誰でもいい、俺を叱ってくれ。

一度言った約束を破る非人間的な行為は、今日で終わりにしたいんだ。


大人になんかなれなくていいのだ。
いくつになってもいつまでたっても子供のままなのはもうわかってるのだ。
そこを変えることはできないのだ。あきらめたのだ。


でも、ちょっとでいい。ちょっとだけ人間になりたい。

いつまでもクズのままではいられない。

人間になりたい。
せめて、人間になりたい。
posted by エス佐藤 at 06:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

怠け者

うーん。


毎朝、フトンから出る勇気が出ない。


いまだに、モラトリアムに片足を突っ込んだままの自分を感じている。


仕事のために努力をするってことに踏ん切りがつききっていない。


やっぱり、趣味のために気力を使って努力をする生活がしたいなーと思ってしまっている。


そんな状況じゃないのにね。
仕事のために努力をしないと、もう太刀打ちできないのは自明のことなんだけど。


わかったふりをしてヘラヘラしてるが、まだわかりきっていない感じだ。


わかりたくない感じだ。



ともかく、生活に潤いが足りないよ。

なんとか、もう少し張り合いのある生活を送りたいものだが。


自ら問題を解決できない人間は、ただただ流されて行くだけであり。



根本的に、忙しく生きることができない人間なのかな、と気づき始めてます。


怠け者が怠け者として生きて行くには、今少しの修行が要るのだろうなぁ。


いつまでかかるかなぁ。
死ぬまでかかるかなぁ。
posted by エス佐藤 at 12:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする